天使の毛

天使の毛

これからの季節、半そでが当たり前なのでムダ毛の処理には気をつけなればいけません。

 

私もおばさんになりましたが、腕の毛だけが濃いので夏は腕を出すのに気を使います。
日焼け防止の薄い長袖のパーカーは手離せません。

 

体毛といえば、天使の毛、というのがあります。

 

人それぞれ呼び名は違うと思いますが、一本だけ産毛のまま伸び続ける毛です。
どういう加減で一本だけ伸び続けるのかは分かりませんが、ラッキーアイテムとして知られています。

 

この天使の毛は結構丈夫で、私は左肩と首の中間に生えるのですが、
着がえの際に服でこすれても伸び続けるのです。

 

私が初めて天使の毛を発見したのは、10代のころでした。

 

朝の出勤前に髪を整えていると、天使の毛がある部分がチクッとするので
何だろうと思うと、母が天使の毛を誇りだと思い引っ張っていたのでした。

 

私も初めて見る天使の毛、5センチはあったと思います。

 

何となく抜いてしまうのもどうかと思い、そのままにしていました。
それから天使の毛の存在を忘れてしまい、ある日毛を探してもありません。

 

きっと何かの拍子で抜けてしまったのだろうか、または寿命がきて抜けたのだろうか
と思いながらも、天使の毛のことを忘れてしまいました。

 

そしてまた数年後、何となく左肩を手で撫ぜると、ひっかかるものがありました。
ひょっとしてと思い、見てみるとまた同じ場所に天使の毛が生えていました。

 

天使の毛はラッキーアイテムだと言いますが、私はこれといって意識していませんが
なんだか天使の毛を見つけると、嬉しくなります。

 

最近は天使の毛がお休み中なので、また伸びてくると良いなと思います。

女性にとっては生えてこなくてもいい

女性の多くが気になっている、体に生えてくる無駄毛ですが、女性にとっては生えてこなくてもいいところに生えてきてしまいますので、多くの女性は無駄毛に関しての悩みをもっているでしょう。

それに他人から見えてしまうところに生えてくる無駄毛は、毎日のように処理をしないと生えてきてしまいますので、女性は毎日大変ですが、誰かに見られて恥ずかしい思いをするぐらいなら処理を頑張れます。
また女性の体に生えてくる無駄毛は、・腕・足・胸・お腹・ワキ・陰部周辺などに生えてくる無駄毛があり、こうしたところに生えてくる無駄毛は特にしっかり処理をしていないと恥ずかしいのです。
それと季節によっては無駄毛が目立ってしまう季節があり、夏のような暑い季節には薄着になって肌の露出が多くなるため、特に手足やワキは見られる機会が多いので気を付けて脱毛しなければいけません。

 

そして無駄毛を脱毛するときに気をつけなければいけないのが、脱毛する部位には自分では見えにくい部位があるため、キレイに処理ができないことがありますし、お肌のトラブルになってしまうこともあります。
自分の目で見えていない部位の処理は、怪我をしてしまうことがあり、カミソリで処理をしている場合は切り傷になってしまうこともありますので、自分で処理をするときは怪我にも注意したほうが良いのです。
それに手足は脱毛しやすい部位なので安易な気持ちで処理をしていることがありますが、手足の無駄毛処理をしているときに怪我をしてしまいますと、怪我が1番目立ちやすい部位なので恥ずかしいのです。
怪我をしてしまいますと、処理しているときに失敗したと思われてしまうので恥ずかしいですし、切り傷の傷痕が残ってしまう可能性もありますので、安易な気持ちで無駄毛の処理はしないようにしましょう。

 

そしてこれから脱毛を始めてみようと思っている女性で、自分で無駄毛の処理を行っていこうと思っている人は、自分で処理しにくい部位の処理には細心の注意を払いながら行うようにしてください。

女性にとってお肌は命ともいえますし、顔やスタイルがすごく良くても、体のいたるところに無駄毛が生えていては何の意味もありませんので、毎日続けるのは大変なことですが頑張りましょう。

また自分で見えにくい部位の処理は、鏡を見ながら処理するのも良いのですが、鏡を見ながらの処理は怪我をしやすいですし、キレイに処理するのが難しいので、誰かに手伝ってもらうのも良いでしょう。


このページの先頭へ戻る