私の体毛が男性並みだった理由

私の体毛が男性並みだった理由

私は持病を患っていたことで、15年間、毎日薬を服用しなければならない生活が悩みでしたが、

 

一方で、人よりも体毛が濃い(足も男並みの太い毛が生えていました)ことも悩みで、大人になったらいつか脱毛したいと思っていました。

 

成人して働き始めたものの、持病による薬代や家賃、食事などの生活費で、
毎月のお給料は無くなってしまい、脱毛に行くためのお金の余裕はありませんでした。

 

そのため、自分でカミソリなどで自己処理をするものの、肌は荒れ、
夏の時期にスカートやノースリーブなど、肌を露出した洋服を着ることが出来ませんでした。

 

そんな中、漢方で持病を治せるという病院があることを知り、
その病院で診察を受けたところ、私の体毛が濃いのは、飲んでいた薬の副作用であることが分かりました。

 

薬の副作用として「体毛が濃くなる」と書いてある他に、歯が黄色くなると書かれてあり、
そのことも私の状況と一致していましたし、女性なのに体毛が濃いことが恥ずかしいとずっと思っていたため、
体毛が濃いことも体質ではなかったのだと知ったときは、とても嬉しい気持ちになりました。

 

2年間、漢方による治療を受けて持病も治り、その後はエステに1年通って脱毛も行いました。

 

今では産毛のような毛が少し生えているものの、気にならない程度の体毛となりました。

 

念願の女性並みの体毛になれたことに、とても幸せを感じています。

人気モデルをすすめられる

電動シェバーの人気は本当に効果を実感できたという方の口コミ人気が高いものかコストパフォーマンスの高い価格設定が安価なものに偏りがちです。
実際、家電量販店などに行って電動シェーバーを購入しようとしても一番新しい人気モデルをすすめられるのが普通で、より安いものをと求めても機能の良さを同時に求めることはなかなか難しいのではないでしょうか。
高ければ高いだけ最先端の機能や情報が詰め込まれているのは当たり前です。

 

 

電動シェーバーを使うことの最大のメリットとしてはカミソリで自己処理するよりもはるかに肌への負担が少なくて済むという点です。

カミソリでは下手をすると簡単に皮膚を切ってしまいかねないので慎重に処理しなければいけないため時間もかかり、その間は肌の角質も一緒に削ってしまっています。
しかし電動シェーバーなら皮膚を切ってしまうということはよっぽどのことしなければないため、ぴったりと密着させてスムーズに処理することができ、肌の角質を無理やり削ってしまうということも少ないはずです。

 

 

逆に電動シェーバーを使ううえでデメリットとなりかねない点は脱毛ヘッドの使い方を間違ってしまったり、肌に合わなかったときに発生しやすいのではないでしょうか。
脱毛ヘッドはしっかりとしたものなら肌を押さえながら素早く抜いてくれるので肌への負担も毛穴へのダメージも少なくて済みます。
しかしその使い方を少しでも間違えるとキレイに毛が抜けなかったり強い痛みを感じてしまうこともあります。
また、もともと肌に合わないという方の場合は炎症を引き起こす原因にもなりかねません。

 

 

毎日のようにカミソリでムダ毛の自己処理をしているという方にとっては電動シェーバーに替えることで肌をストレスから開放してあげられる可能性が非常に高くなるかもしれません。
しかし毛質によってはカミソリのように深く剃ることができないため期待しているような結果を得られるとは限らないのです。
脱毛ヘッドに関してはシェーバーで処理して残ってしまった部分やどうしても気になるという部分だけに使用するようにするなどの工夫をすることでダメージを最小限に抑えられるのではないでしょうか。

 

 

電動シェーバーを使うにしてもカミソリを使うにしても本来はあまり頻繁にムダ毛の処理をするということは望ましくありません。
それでも見た目や触り心地を考えて毎日処理してしまうという方は意外と多いので、どちらかといえば毎日処理するにしても電動シェーバーで肌への負担を軽減してあげるほうが良いかもしれませんね。


このページの先頭へ戻る