彼氏や夫に幻滅されてしまう

彼氏や夫に幻滅されてしまう

無駄に生えてくる無駄毛は厄介な毛で、処理をしてもしばらく経つと生えてきてしまいますし、処理にかかる時間や手間を考えますと、楽しめる時間が減ってしまい、費用も多少かかりますので厄介なのです。

しかし面倒だからといって処理をしないでいると、無駄毛はどんどん伸びてきてしまい、服の隙間から見えてしまうこともありますし、下着や水着からはみ出してしまうこともあり、恥ずかしい思いをしてしまいます。
それに服や下着を脱いだときに、体の色々な部位に生えている無駄毛がありますと、彼氏や夫に幻滅されてしまうこともありますし、銭湯や温泉などで裸になったときは女性同士でも恥ずかしいでしょう。
また風邪などの病気でお医者さんに行った時に聴診器をあてるときに胸を見られることがあり、このとき胸に目立つ無駄毛が生えていますと、男性医師だけでなく女医やナースに見られてしまうこともあります。

 

そして自分の体に無駄毛が生えている部位や、太くて濃い無駄毛が生えてくる部位を知っておくことで、無駄毛を処理しやすくなりますし、処理を忘れてしまうこともなくなりますので、知っておくようにしましょう。
それと自分では脱毛しにくい部位があり、体の背面や首の後ろのうなじなどが処理しにくい部位ですが、自分で無理に処理しようとすると怪我や傷跡が残ってしまう原因になってしまうことがあります。
だから自分で見にくい部位や処理しにくい部位は、友達や家族にお願いして処理してもらうのも良いですし、エステサロンに行ってプロの脱毛を受けるのも良いので、怪我をしないことを最優先してください。
それに鏡を使用して見えにくい部位を処理する女性もいますが、変な処理の仕方をしてしまうことで、無駄毛が変な生え方をしてくるときもあり、無駄毛が疎らに生えてくると恥ずかしいので気をつけましょう。

 

そして


脱毛したほうが良い部位や気を付けて処理したほうが良い部位には、脚・VIOライン・体の前面や背面・顔・ワキなどが挙げられますので、こうした部位には特に気を付けておいてください。

このように脱毛する部位によっては危険を伴う場合もありますし、脱毛しても結果的に恥ずかしい思いをしてしまうこともありますので、それぞれの部位にあった方法で無駄毛の処理をするのが良いでしょう。
脚・VIOライン・体の前面や背面・顔などの処理について詳しく説明していきますので、これから無駄毛の処理をする女性は参考にしてみてください。

脚の脱毛をするときについて

男性が無駄毛処理をする部位としてはアゴや口の周りに生えてくるヒゲくらいなので女性よりも楽ですが、女性にとって無駄毛処理は日常的に当たり前になっていますので女性は面倒くさくて大変なのです。

また女性が毎日のように行う無駄毛の脱毛といっても、女性の体に無駄毛が生えてくる部位はたくさんありますので、全ての部位を処理したほうが良いのですが、全ての部位を毎日処理するのは大変です。
だから無駄毛が生えているのが目立つ部位を重点的に処理するのが良く、特に女性は脚を見られることが多くあり、スカートを履いているときなどに見られてしまうので、脚も重点的に処理していきましょう。

 

脚の脱毛したほうが良い部位は、ひざ上の太もも・ひざ・ひざの下のすね・脚の甲や指などがあり、ひざの上の太ももはスカートを履いているときは目立ちにくいのですが、見られてしまうこともあります。
特にひざ上の太ももでも、太ももの裏には注意しておいたほうがよく、太ももの裏だから見えにくいと油断してしまうことで、たとえストッキングを履いていても目立ってしまうことがあるからです。
また男性は正面から女性の脚をじっくり見ることはありませんが、後ろからはじっくり見ることがありますので、太ももの裏の無駄毛処理は手抜きをせず、キレイに脱毛しておくようにしましょう。

 

そしてひざ下のすねは、スカートを履いていても見えてしまう部位ですし、清潔感を演出して男性や同性にも好印象を与えるための部位でもありますので、毎日かかさず脱毛しなければいけないのです。

しかしすねの無駄毛処理をしているときに、切り傷や黒いブツブツなどができてしまいますと、すごく目立つ部位でもあるため、すねの無駄毛処理をするときは気を付けておいてください。
それと脚の甲や指は、サンダルやミュールなどを履いたときに目立つ部位ですし、爪にネイルをしたときは男性に近くで見られることも考えられるため、恥ずかしい思いをしたくないなら処理するようにしましょう。
それに処理が厄介な部位としてひざがあり、ひざは処理しにくい部位ですし、色素沈着や無駄毛が埋まってしまう埋没毛になりやすい部位なので、ひざの処理をするときは根気よく頑張ってください。

 

こうした脚の部位をキレイに脱毛すれば、女性なら誰でも憧れる美脚になることもありますし、自分の脚に自信を持てるようにもなりますので、他の部位よりも念入りにケアすることをおすすめします。


このページの先頭へ戻る